転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職活動お役立ち情報

転職しやすい時期~転職のプロが月別に転職に有利な時期を解説!

更新日:

1.転職しやすい時期を狙って転職活動をスタート!

する上で、転職しやすい時期を知っておくことはとても有効です。

転職しやすい時期には、企業の求人数もグッと増えるため、自分の理想の求人に出会える可能性も高まります。

今回は、そんな転職しやすい時期について詳しく見ていきましょう。

『少しでも自分の希望にマッチした求人を見つけたい』『希望する業界の求人数が少なくて困っている』

このような悩みを抱えている方は、是非最後までご覧ください。

2.転職しやすい時期ってあるの?

それではさっそく、転職しやすい時期についてご紹介していきます。

【1.2〜3月】

転職活動が盛り上がる代表的な時期といえば、やはり2〜3月でしょう。

この時期は、4月からスタートする新年度に向けて人員を整えるため、転職活動が活発化します。

他にも、4月入社の新卒と一緒に研修できるからという理由も考えられます。

【2.9〜10月】

次にご紹介する転職しやすい時期は9〜10月です。

こちらは、下半期がスタートする10月を見越して一気に人員を補充するため、転職活動が活発化します。

この時期には、他の時期には見られないレアな求人も増えるので、しっかりアンテナを張り巡らせておきましょう。

【3.4〜5月も意外と狙い目?】

転職活動が活発化する2〜3月、9〜10月以外におすすめなのが、4〜5月です。

こちらの時期は、企業の求人数そのものは少なくなりますが、2〜3月に人材を採用しきれなかった企業が追加募集を行ったり、急遽空きができたポストへの求人が出るため、意外と狙い目だと言えます。

緊急性の高い求人が多く、うまくいけばあっという間に内定までたどり着けるので、是非押さえておきましょう。

3.転職に適した時期を決めるポイントは?

一般的に転職しやすくなる時期はありますが、それだけで転職時期を決めてしまうのは危険です。

こちらでは、自分に合った転職時期を決めるためのポイントについて解説していきます。

【1.今の会社の勤続年数を確認】

今の会社の勤続年数は、転職時期を決める上で非常に重要なポイントになります。

日本には、人材を長期的な視点で育てようと考える企業が多いため、短期間の転職を繰り返していると、ネガティブに捉えられる可能性も高いです。

そのため、今の会社の勤続年数を確認し、あまりにも短い場合は転職時期をもう少し先延ばしにするなど、調整することが大切でしょう。

【2.今の年齢を確認】

年齢が高くなれば高くなるほど転職は難しくなります。

そのため、ダラダラと転職時期を先延ばしにしていると、取り返しのつかないことになりかねません。

特に新しい業界にチャレンジしたいと考えている方は、遅くとも20代後半までには転職するようにしましょう。

【3.今の貯金額を確認】

美容室代や面接会場までの交通費など、転職活動には何かとお金がかかります。

また、次の転職先もすぐに見つかる保証はなく、今の会社を辞めてしまうと、しばらく無収入状態で生活しなければならない可能性もあるでしょう。

そのため、少なくとも3ヶ月は無収入でも生活できるだけの貯金を事前にしておくことをおすすめします。

貯金ができたタイミングで転職活動をスタートするのも良いでしょう。

【4.できるだけ繁忙期は避ける】

スムーズに転職するために、繁忙期を避けることも重要です。

猫の手も借りたい繁忙期に転職しようとすると、上司からの強烈な引き止めに合う可能性が高いです。

そんな中で強引に転職活動を推し進めれば円満退社は難しくなるでしょう。

このようなトラブルを避けるためにも、ある程度仕事が落ち着く時期を見計らって転職することをおすすめします。

【5.ボーナスを貰ったタイミングで転職するのもアリ】

ボーナスを貰ったタイミングで転職する方も少なくありません。

特に、『今すぐ辞めたいわけではないけど、いずれキャリアアップを目指して転職したい』という方は、ボーナス支給月を転職時期に設定すると良いでしょう。

前述したように、転職活動には何かとお金がかかるので、ボーナスをしっかり受け取ってから転職するのは非常におすすめです。

【6.仕事で成果を上げている時は転職に最適】

転職活動を成功させるためには、仕事への前向きな姿勢を見せたり、面接官に自信を持って自己PRすることが重要です。

そういう意味では、仕事で成果を上げている時期に転職するのもおすすめでしょう。

職場に不満があって転職を希望する応募者と、仕事でバリバリ成果を出しながらキャリアアップを目指す応募者とでは、自然と醸し出される雰囲気も全然違います。

もしあなたが仕事でノッているなら、今が転職に最適な時期とも言えるでしょう。

4.転職しやすい時期より少し早めに準備を始める

ここまで転職しやすい時期についてご紹介しましたが、例えば2月が転職しやすい時期だからといって、2月から転職活動を始めても遅いでしょう。

転職活動を始めるのにも、様々な準備が必要だからです。

具体的には以下のような準備が必要になります。

・自分のキャリアやスキルの整理
・転職条件の整理
・履歴書や職務経歴書の準備

そのため、転職しやすい時期よりも少し早めに準備を始める方が良いです。

転職活動が活発化する時期にすぐ動けるようにしておくことで、スムーズに転職が進みやすくなるでしょう。

5.転職活動が盛り上がる時期にはライバルも増える?

転職しやすい時期には企業の求人が増えますが、良いことばかりではありません。

あなたのように転職したいと考える求職者が急増するのです。

つまり、ライバルが増えるので、特に人気企業の求人などは競争が激しくなります。

自分のスキルや経験に自信がある場合は良いですが、ライバルに勝つ自信がない方は、転職活動が活発化する時期を外して転職することも一案です。

6.転職者に企業が求めるものとは?【年代別】

転職活動を成功させるためには、転職しやすい時期だけでなく、企業が転職者に何を求めているのか知っておく必要があります。

そこでこちらでは、年代別に企業が求めるものについて詳しく見ていきましょう。

【1.20代前半】

20代前半の転職者は社会人として働き始めてまだ日が浅い方が多く、企業が求めるスキルも社会人として基本的なものばかりです。

具体的には、基礎的なビジネスマナーや仕事への意欲などが挙げられるでしょう。

年齢的には若いので、特に仕事への意欲についてはしっかり見極められると考えておいてください。

【2.20代後半】

20代後半になると、新卒で入社した会社から転職を考える方が一気に増え始めます。

この年代になると、徐々に独り立ちして働けるようになっていなければいけないので、企業もちゃんとした業務遂行能力を兼ね備えた人材かどうかを見極めてくるでしょう。

スポンサードリンク

また、年齢的にはまだまだ若いので、『これからももっと成長していきたい』という、成長意欲の高さもアピールになります。

【3.30代前半】

30代前半になると、企業が応募者に求めるスキルのハードルもグッと高まってきます。

多くの企業は30代前半の応募者に即戦力性を求めます。

つまり、採用されてすぐにでも最前線で働けるようなスキルをアピールできれば、かなり評価が高まるでしょう。

【4.30代後半】

30代後半になると、管理職として部下をマネジメントする方も増えてきます。

そのため、プレイヤーとしての即戦力性に加え、マネジメント力も大きな見極めポイントになるでしょう。

この年代になると、管理職候補として採用されるケースが多くなるため、マネジメント経験がないとかなり厳しいです。

7.20代の転職におすすめの時期は?

さて、年代別に企業が求めているものが分かったところで、続いては20代で転職する際に押さえておきたい時期について解説していきます。

【1.未経験業界へ転職する場合】

未経験業界に転職する場合は、圧倒的に20代が有利になります。

年齢的な若さだけでなく、特定の業界に染まりすぎていない分、柔軟に自分を変化させることができるからです。

特に社会人3〜4年目は、基礎的な業務遂行能力が身に付いてくる時期なので、このタイミングで未経験業界に転職するとスムーズに決まりやすいでしょう。

【2.同業界へキャリアアップを目指す場合】

同じ20代であっても、同業界へのキャリアアップを目指す転職は求められるものが異なります。

キャリアアップを目指すということは、今まで以上に難易度の高い仕事に挑戦するということです。

そのため、業務遂行能力に加え、ある程度の業界知識と実績が求められるでしょう。

最適な時期としては、社会人5〜6年目あたりがベストです。

8.転職時期に関するよくある質問

次に、転職時期について多くの方が悩みがちな疑問を取り上げていきます。

【1.転職したばかりだけど、すぐに転職しても大丈夫?】

転職活動に失敗した方の中には、すぐに別の企業に転職したいと考える方も多いでしょう。

結論から言うと、安易な転職は控えるべきです。

すぐに転職しようとする前に、本当に今の会社で自分の求めているものが実現できないのか考えてみてください。

そして最大限努力してみてください。

それでも難しい場合は、転職エージェントに相談しながら慎重に転職活動を始めましょう。

【2.一年後に今のプロジェクトが終わるけど、いつ転職活動を始めるべき?】

『現在大きな仕事を抱えており、今の会社を退職できるのは早くても一年後になる』といった方もいるでしょう。

このような場合、今すぐにでも転職活動を始めるべきです。

プロジェクトが終わる一年後に転職活動を始めても、あなたが採用される保証はありません。

できるだけ早めに転職活動を始め、良い企業が見つかったら、一年後の入社まで待ってもらえように交渉しましょう。

あなたを本当に必要としてくれる企業であれば、交渉に応じてもらえる可能性も高いです。

【3.資格取得前と後だとどっちに転職すべき?】

現在、資格取得に向けて勉強中の方は、資格取得の前と後のどちらに転職しようか悩むでしょう。

資格はあなたのスキルをアピールする重要なポイントになります。

そのため、資格を取得した後に転職する方が、より好条件で採用してもらえる可能性が高いです。

ただし、希望する求人が資格取得前に募集を終了する場合は、資格取得前に求人に応募すべきでしょう。

【4.昇進前と後ならどっちで転職すべき?】

昇進を間近に控えつつも、内心転職を考えているという方もいます。

このような方は、今後管理職としてのキャリアを歩みたいのか、まだまだ現役のプレイヤーとしてキャリアを積みたいのかによって、選択が変わってきます。

まだまだプレイヤーとして働きたい場合は、迷わずすぐに転職すべきです。

当然ながら昇進も断ることになるため、できるだけ早く会社側に転職することを伝えてください。

一方で、今後管理職としてのキャリアを歩みたい場合は、昇進後少なくとも2〜3年は今の会社でキャリアを積み、管理職としての実績を作った後に転職しましょう。

昇進してすぐに転職しようとしても、実績がなければ採用されることはないので注意してください。

【5.出産前と後ならどっちで転職すべき?】

女性であれば、出産前と後のどちらで転職すべきか悩む方も多いでしょう。

注意したいのは、転職後すぐには育休が取れないということです。

育休を取得するためには、その会社で少なくとも一年以上勤務している必要があります。

そのため、どうしても出産を優先したいという方は、今の会社で働きながら出産し、育児が落ち着いてから転職することをおすすめします。

【6.家を購入する前と後ならどっちで転職すべき?】

もし近々家を購入する予定があるならば、転職はもう少し待つべきです。

というのも、転職してから1〜2年は住宅ローンを組みにくくなるからです。

どうしても転職したい企業が見つかった場合は転職しても良いですが、そうなると家の購入は先延ばしになる可能性が高いでしょう。

家の購入と転職のどちらを優先するかで判断してください。

【7.会社が買収されそうな場合、いつ転職すべき?】

実際に会社が買収されそうになると、様々なところで噂が立つでしょう。

このような状況になったら、できるだけ早めに転職活動をスタートさせてください。

いざ買収の話が表に出たら、あなたと同じような経歴を持つ人材が一気に転職市場にあふれることになります。

ライバルより一足早く動くことで、有利に転職活動を進めることができるでしょう。

9.転職時期に関する相談は転職エージェントに

一般的に転職しやすい時期というのは確かにありますが、それだけで転職を判断するのは危険です。

ご紹介したように、転職に最適な時期は個人の置かれている状況によってバラバラだからです。

そのため、『今が本当に自分に最適な転職時期なのか分からない』と悩む方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを利用することで、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、マンツーマンで相談に乗ってくれます。

キャリアアドバイザーは最新の転職市場にも詳しいため、あなたの転職時期について的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

転職エージェントのサービスは無料なので、是非積極的に活用してください。

【まとめ】転職しやすい時期は参考程度に留める!

今回の記事で、2〜3月、9〜10月が転職しやすいとご紹介しましたが、転職しやすいという理由だけで転職時期を決めてしまうのは危険です。

転職しやすい時期というのは、あくまで参考程度に留めておき、あなたの置かれている状況を総合的に整理して決断してください。

転職時期について悩んでいる方は、一人で抱え込まず、転職エージェントに相談してください。

今回の記事を参考に、あなたにとってベストなタイミングで転職して頂ければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職活動お役立ち情報

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.