転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職エージェントの評判

プロが教えるIターン転職を目指す人におすすめの転職エージェント6選

更新日:

1.Iターン転職を目指す人必見の転職エージェントをご紹介!

都会育ちの方の中には田舎暮らしに憧れを抱く方も少なくありません。

思い切って田舎にIターン転職しようと考える方もいるでしょう。

今回はそんなIターン転職に是非活用していただきたいおすすめの転職エージェントを厳選してご紹介します。

先にピックアップしてまとめると、以下のようになっております。

  • リージョナルキャリア
  • キャリタス転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • DODA

『田舎暮らしに憧れがあるけど転職できるか心配』『Iターン転職のメリット・デメリットをまとめて知りたい』

このような方は、是非最後までご覧ください。

2.Iターン転職とは?

まず初めにIターン転職とは何かについて説明します。

Iターン転職とは、都会で生まれ育った方が地方に移住して働くことを意味します。

ここでいう都会とは、東京などの首都圏だけでなく、例えば福岡から福島県に転職することもIターン転職と呼びます。

Iターン転職と似た言葉で、「Uターン転職」「Jターン転職」というのもあり、意味は以下のようになっております。

  • Uターン転職:地方から都会に就職した方が同じ地元に戻って働くこと
  • Jターン転職:地方から都会に就職した方が地元とは違った地方に移住して働くこと

それでは次の章でIターン転職におすすめな転職エージェントを見ていきましょう。

3.Iターン転職を目指す人におすすめの転職エージェント6選

【1.リージョナルキャリア】

リージョナルキャリアはIターン・Uターン転職に特化した転職エージェントです。

11000件以上の求人数を抱えており、その中の80%以上は地方の求人となっています。

地域に根ざした企業の経営者から直接リージョナルキャリアにオーダーが入るほどの信頼を獲得しており、リージョナルキャリアからしか応募できない独占求人も多いです。

レベルの高いキャリアコンサルタントも多数在籍しているため、マッチング精度の高さにも定評があります。

【2.キャリタス転職エージェント】

『自分の今後のキャリアについて相談に乗って欲しい』という方には、キャリタス転職エージェントをおすすめします。

地方の求人に詳しい専門のコンサルタントが多数在籍しており、求職者に寄り添った親身なサポート力に定評のある転職エージェントです。

全国の優良企業と強いコネクションを持っており、地方ながらも条件の良い求人をしっかり紹介してくれます。

【3.リクルートエージェント】

言わずと知れた業界No.1の実績を誇るのがリクルートエージェントです。

転職者の多くが利用する転職エージェントになっています。

業界トップクラスの求人数を抱えており、非公開求人だけでも10万件以上あります。

地方の求人も多く取り扱っているため、『他の転職エージェントではなかなか求人を紹介してもらえない』という方は、是非活用してみてください。

【4.パソナキャリア】

30代後半や40代といった転職が難しい年齢の方で、Iターン転職を検討しているならパソナキャリアをおすすめします。

年齢が上がってくるとサポートを断られることも増えてきますが、パソナキャリアでは一人ひとりの求職者のキャリアを真剣に考えてバックアップしてくれます。

これまでにパソナキャリアが培ってきた実績を評価し、パソナキャリアからしか応募できない独占求人を依頼する企業も多く、非常にレアな求人を紹介してもらえる可能性も高いです。

【5.マイナビエージェント】

第二新卒など比較的若手の転職支援に強みを持つのがマイナビエージェントです。

大手企業だけでなく中小企業の求人も多く扱っているのが特徴になります。

他の転職エージェントに比べてガツガツしすぎない雰囲気があり、自分のペースでじっくり転職活動を進めたいという方にもおすすめです。

有名な求人サイト「マイナビ」で築き上げた企業とのコネクションもあるため、他にはない求人も紹介してくれます。

【6.DODA】

リクルートエージェントに次ぐ業界第二位の規模を誇るのがDODAです。

他社に比べて圧倒的に多い求人数を持ち、『とにかくたくさんの求人をチェックして自分の可能性を広げたい』という方にぴったりの転職エージェントでしょう。

キャリアコンサルタントと採用プロジェクト担当の2名体制で転職をバックアップしてくれるため、かなり充実したサポートを受けられます。

4.Iターン転職のメリット

【1.人混みや通勤ラッシュから解放される】

都会の人混みや通勤ラッシュに毎日うんざりしている方は多いでしょう。

Iターン転職を経て地方に移住すれば、人混みや通勤ラッシュから解放されることができます。

このようなストレスから解放されるだけでも、かなり毎日が過ごしやすくなるでしょう。

【2.豊かな自然に囲まれてリラックスできる】

豊かな自然に囲まれて日々過ごせるだけで、気分的にリラックスできるでしょう。

特に都会の騒音や空気の悪さが苦手だという方は、Iターン転職で地方に移住すべきです。

自然が身近なところにあるという意味で言えば、子育ての環境としても最適でしょう。

【3.経済的に楽になる】

スポンサードリンク

地方は都会に比べて物価が安いため、経済的に楽になれるというメリットもあります。

特に賃貸を借りている場合、都会よりも広い間取りに半額以下の家賃で住めたりします。

また、地方特有のご近所付き合いで、野菜や果物などをたくさん貰えたりもするので、経済的な負担はグッと減るでしょう。

【4.自治体のサポートを受けられる】

自治体によってはIターン転職をサポートしてくれるところもあります。

具体的には求人の紹介や、居住地の支援などが挙げられるでしょう。

地方の活性化のために、外部から積極的に人材を受け入れようとする自治体は少なくありません。

Iターン転職を検討している場合、受けられる支援がないか地域のホームページをチェックしてみてください。

5.Iターン転職のデメリット

【1.希望にマッチした求人が見つかりにくい】

地方は都会ほど求人数が充実していないため、なかなか希望に合った求人を見つけることが難しいでしょう。

自力でIターン転職しようとしても間違いなく失敗します。

地方の企業と太いパイプを持つ転職エージェントを活用してください。

【2.年収が下がりやすい】

求人数が少ないこととも関係していますが、都会と変わらない年収で採用してくれる企業も多くはありません。

そのためIターン転職では年収ダウンも覚悟しておくべきです。

ただし、前述したように物価も安くなるため、生活に困ることにはならないでしょう。

【3.近所付き合いが面倒なこともある】

都会育ちの場合、地方特有の近所付き合いに困惑する方も多いです。

地方ではご近所さんと持ちつ持たれつ協力し合いながら生活しているところもあります。

そのためうまくご近所付き合いができなければ、孤立してしまう可能性も高いです。

【4.車の運転を求められることが多い】

都会は交通の便が発達しているため、都会育ちの場合、車の運転に慣れていないという方も多いでしょう。

一方で地方の場合、車が生活の一部になっている地域も少なくありません。

そのためIターン転職をすることで車の運転を求められる可能性も高いです。

車の運転が苦手だという方は注意してください。

【5.都会ほど遊ぶ場所が多くない】

徐々に商業施設なども増えてはいますが、それでも都会に比べると地方は遊ぶ場所が少ないです。

例えば買い物などでも、地域によってはお店が少なく満足できないこともあるでしょう。

事前に移住する地域の周辺情報をしっかり集めておく必要があります。

6.Iターン転職をおすすめしたい人

【1.高年収よりも自然に囲まれて働きたい人】

前述したように、地方で高い年収を目指すことはなかなか難しいでしょう。

しかし、地方にはその分、豊かな自然があり、都会ではなかなか味わえない良さがあります。

このように、年収よりも自然に囲まれながら仕事がしたいという方にはIターン転職を是非おすすめします。

【2.地方の活性化に貢献したい人】

自然好きな人に加えておすすめしたいのが、地方の活性化に貢献したい人です。

現在、都会には人やモノが溢れ、飽和状態になっています。

一方、地方にはまだまだ開拓できるところも多く、たくさんの可能性があると言えるでしょう。

このように、地方を自分の手でどんどん活性化していきたいという人はIターン転職に向いています。

7.Iターン転職の進め方

【1.転職エージェントに登録】

Iターン転職をすると決めたら、まず初めに転職エージェントに登録しましょう。

今回ご紹介した中からあなたに合ったものを選んでください。

登録はWeb上で簡単にできます。

登録が完了すると、キャリアアドバイザーとの面談日程連絡が届くので、都合の良い日時で面談を受けてください。

【2.求人を探す】

キャリアアドバイザーとの面談を経て、Iターン転職の方向性が定まったら、求人を紹介してもらいましょう。

『なぜこの求人が自分におすすめなのか?』といったポイントをキャリアアドバイザーに確認しながら、一つずつ吟味してください。

興味のある求人が見つかったら、キャリアアドバイザーにその旨を伝えて応募してもらいましょう。

その際に応募書類が必要になるので準備してください。

応募書類はキャリアアドバイザーに添削してもらうことをおすすめします。

【3.選考(面接)】

無事に応募書類が通ったら、いよいよ面接です。

面接ではどういったポイントを見極められるのか、事前にキャリアアドバイザーに確認しておきましょう。

不安があれば模擬面接などで対策しておくと良いです。

せっかく自分にぴったりの求人を見つけても、選考で不合格になったら意味がないので、ここは念入りに対策した上で臨んでください。

【4.内定】

選考を無事に合格できれば、ついに内定となります。

ただし、内定が出たからといってすぐに承諾してはいけません。

承諾前に、年収などの条件面を必ず確認するようにしましょう。

もし不満があればキャリアアドバイザーにそのことを伝えて調整してもらってください。

【5.住居探し】

条件面の交渉も終わり、無事に転職先が決まった後は、移住する場所の住居探しです。

転職先の給料をベースに生活費や固定支出を試算し、どれくらいの家賃が最適なのか導き出しましょう。

住む場所を決める上では、会社への通勤にどれくらいかかるか、日用品や食料品などの買い物はしやすいか、近くに病院や学校などはあるか、といった生活面を基準に選ぶと良いです。

【6.引っ越し】

住む家が決まったら、いよいよ引っ越しです。

Iターン転職の場合、引っ越し費用を自治体が負担してくれる制度などもあるので、移住先のホームページを必ずチェックしてください。

引っ越してすぐに仕事となるとバタついてしまうので、少し余裕を持って引っ越しすることをおすすめします。

【7.入社準備】

引っ越しが無事に終わったら、次の会社への入社準備を行いましょう。

採用担当者に入社にあたり何が必要なのか事前に確認しておくと良いです。

こちらも慌てて準備することにならないよう余裕を持ってスケジュールを立てましょう。

【8.就業開始】

ここまでの準備を経て、ついに就業開始となります。

全体的な流れを把握しておくことで、スケジュールも立てやすくなるので、是非参考にしてください。

【まとめ】Iターン転職を成功させるなら転職エージェントが不可欠!

ただでさえ少ない地方の求人の中から、自力で理想の会社を探そうとしても非常に難しいです。

Iターン転職に強い転職エージェントを活用することで、非公開求人を含めた最適な求人を紹介してもらえます。

最後に今回ご紹介したIターン転職におすすめの転職エージェントをおさらいしておきましょう。

  • リージョナルキャリア
  • キャリタス転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • DODA

これからIターン転職を検討している方は、上記の転職エージェントを是非有効活用してください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職エージェントの評判

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.