転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

プロが教える仕事術

本田圭佑さんの6つの仕事術と8つの名言

更新日:

1.本田圭佑さんに学ぶ仕事術と名言をご紹介!

プロサッカー選手の日本代表といえば真っ先に本田圭佑さんをイメージされる方も少なくないでしょう。そんな若くして圧倒的な存在感を放つ本田選手ですが、独特な発想力とビッグマウスでファンを沸かせてきました。

今回は本田圭佑さんから学べる仕事術と心に響く名言をご紹介していきます。興味のある方は是非最後までご覧ください。

2.本田圭佑とは?

仕事術や名言を取り上げる前に、まず本田圭佑さんについて簡単にご紹介します。

本田圭佑さんは前述した通り、日本代表のプロサッカー選手です。現在はセリエA・ACミランに所属しています。

日本人離れしていると言っても過言ではないその圧倒的に強いフィジカルと柔軟かつ戦略的な発想力で日本代表の中でも圧倒的な存在感を見せつけています。

本田選手といえば、多彩なキックの持ち主であることも知られています。特に軌道が読みにくい無回転フリーキックは本田選手の代名詞になっています。

3.本田圭佑さんから学ぶ仕事術

本田圭佑さんがどんな選手であるか分かったところで、早速本田さんから学べる仕事術についてご紹介していきます。一般的なサラリーマンの方でも今の自分にすぐに取り入れられるものを多く取り上げますので、是非参考にしてみてください。

【物事はポジティブな側面から考える】

本田さんの大きな特徴と言えるのは、とにかく考え方がポジティブであるということです。

一般的なサラリーマンの方でも、仕事がうまくいかず落ち込むこともあるでしょう。本田さんも怪我に悩まされた時期がありました。そんな中で本田さんは物事をどういう側面から捉えるかが大切だと言っています。

つまり、怪我をしたという現実をネガティブな側面から見るか、その逆から見るかということです。実際に本田さんはこの怪我の治療中に下半身トレーニングに励み、怪我をする前よりもはるかに強いフィジカルを手に入れたと言われています。

こういった物事の捉え方は一般的なサラリーマンの方にとっても非常に参考になります。仕事で失敗してしまった時も、その失敗をポジティブな側面から捉えることで次の成長につなげることができるでしょう。

【上司の言っていることに疑問があるなら納得するまで話し合う】

サラリーマンとして働いている方は、時に上司から出された指示に納得できないこともあるでしょう。そんな中で本田さんは、上司の言っていることに疑問を持った状態で仕事するのはいけないと考えています。

それは疑問に感じながら仕事しても、生産性が上がらないからです。そういう場合、本田さんは徹底的に上司と話し合います。

実際に本田さんは監督と話し合いを重ねる度にプレーが良くなったと言っています。心の中でモヤモヤしていたものがすっきりすることで、プレーに集中できたからでしょう。

これはサラリーマンの方にも当てはまります。上司からの指示にモヤモヤとした感情が湧き上がれば、その場で徹底的に話し合うべきです。どういう理由でモヤモヤするのかしっかりと伝えてください。そうすることで仕事の生産性もグッと高まるでしょう。

【どれだけ準備するかが結果を決める】

仕事でうまくいかなかった原因として準備不足が挙げられることは少なくありません。本田さんも結果を決めるのは事前にどれだけの準備ができるかだと考えています。

今までの仕事の中で、うまくいった時と失敗した時で準備の差がどれだけあったか振り返ってみると良いでしょう。

また、徹底して準備することにはもう一つのメリットがあります。それは、仮に失敗したとしてもどの部分が足りなかったのか反省点が明確になりやすいということです。

中途半端な準備で失敗した場合は、準備不足の箇所が多すぎて反省点もぼんやりとしたものになりがちです。意味のある失敗を重ねることは必ずあなたの成長につながります。そのためにもしっかりとした事前準備は欠かせないのです。

【常に主体的に動く】

どんな仕事であっても受け身な姿勢で取り組む場合と主体的な姿勢で取り組む場合では結果に天と地ほどの差が出ることは言うまでもありません。本田さんはポジティブな性格からもイメージできる通り、とにかす主体的に動くことが重要だと言います。

これも前述した物事の捉え方に共通する部分がありますが、例え嫌な仕事であっても、それが自分にとってこういうメリットがあるという捉え方ができれば、仕事に取り組む姿勢も変わってくるでしょう。

主体的に動くことができれば、良い結果にも結びつきやすく、それがより自由度の高い仕事に結びつくこともあります。シンプルですが、この主体的に動くという姿勢を是非実践してみてください。

【リスクから逃げない】

できれば失敗したくないという気持ちは誰しもが持つ自然なものでしょう。

しかし、この変化の激しい時代に失敗を恐れるあまり、今の状況から一歩も動かずリスクを取れなくなることはさらに危険だと言えます。本田さんもリスクのない人生は逆にリスキーだと言っています。これはリスクを取らずに時代の変化に取り残されてしまえば、それこそが失敗するリスクを高めることにつながるからでしょう。

一般的なサラリーマンの方であっても、リスクを取ってチャレンジするかどうか決断を求められる瞬間がきっとあります。そんな時は決してリスクから逃げないでください。

これからの時代はリスクを取れない方が自然と淘汰されていく時代になるでしょう。

【周りがやりたがらないことに着手して差をつける】

本田さんのようにチームの中でも一際存在感のある選手になるのであれば、周りと同じようなことをしていても難しいです。

実際に本田さんが意識しているのは周りがやりたがらないことに着手して差をつけるというものです。これは一般的なサラリーマンの方にも参考になるポイントでしょう。

自分が携わっている仕事の中で、周りの方がやりたがらないものはないか振り返ってみてください。もしそのような仕事が見つかったのであれば、積極的に着手することをおすすめします。すぐには結果に結びつかないでしょうが、繰り返し行うことであなたの存在感も徐々に高まっていくでしょう。

4.本田圭佑さんの心に響く名言集

本田圭佑さんから学べる仕事術をご紹介したところで、続いては心に響く名言を取り上げていきます。こちらもサラリーマンの方の胸に刻み込んでいただきたい言葉を厳選しておりますので、是非最後までチェックしてみてください。

スポンサードリンク

【一番重要なのはその挫折から立ち直れるか、立ち直れないかだと思う】

本田さんは自身のサッカー人生を振り返ってみて、まさに挫折の連続だったと言います。

しかし、その挫折から立ち直り、前に進み続けることで今の地位を手に入れています。挫折を挫折として終わらせず、前進することで挫折はいつしか過程に変わります。

どんなに優秀なサラリーマンであっても、何でもスムーズに進むことはありません。長い仕事人生の中で一度や二度の挫折を経験することは当たり前のこと。ただし、そこから這い上がることができるかどうかはあなた次第です。

挫折で苦しい壁にぶつかった時には、本田さんのこの言葉を思い出してください。

【1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる】

プロサッカー選手といえば華やかなイメージがありますが、テレビなどでは取り上げられない日々の練習は意外と地味で苦しいものだと言います。

しかし、そんな練習に耐えられるのも全ては成功する上で必要だからです。

サラリーマンの方の中には、なぜ自分がこんな仕事をしなければいけないのかと日々感じられている方もいらっしゃるでしょう。しかし、意味のない仕事などありません。

その仕事を経験することで1年後の自分はきっと今の自分とは変わっているでしょう。このように先に成長した自分を想像することで、今の仕事にも真摯に向き合うことができるようになります。

【僕の場合、無理をして先に人格を作っちゃうんですよね】

自分を成長させる上で自分の理想の姿や人格を先に作ってしまうというのも一つの方法です。

本田さんもまさにヒーローとしての人格を先に作って、無理して普段からそのように振る舞うことで気付いたらそれが本物の自分と重なっていると言います。こういった方法が使えるのは本田さんが特別だからだと考える方もいらっしゃるでしょうが、必ずしもそうとは言えません。

人間は自分の頭でイメージできることのほとんどは実現できると言われています。理想の自分が頭の中でイメージできているのであれば先にその人格や立ち振る舞いを演じてみるのです。

理想の自分と現実にはギャップがあるので、最初は無理がかかることは当然です。しかし、本物の自分が理想の自分に追いついた時、何の違和感もなく理想の自分を手に入れられるでしょう。

【自分の願ったことができなければ自分の願いが弱かったと、自分の情熱が足りなかったと、そう思うべきだ】

こちらの言葉を簡単に要約すると、全ての結果は自分次第であるということです。

本田さんは良い結果も悪い結果も全て自分の責任であると受け入れています。プロサッカー選手であっても、サラリーマンであっても、認めたくない結果に終わることは少なくありません。そんな時に周りや環境のせいにしてしまいたい気持ちもあるでしょう。ではなぜ本田さんは全てを自分の責任であると受け入れるのでしょうか?

それは自分の成長につながらないからです。もし、不都合な結果が周りや環境のせいだとしてしまえば気持ち的には楽ですが、自分の改善点が見出せず、結果として成長するチャンスを無くしてしまいます。

結果の全ては自分次第だという意識で何事にも取り組むことで、失敗も成長に変えることができるのです。

【新しい本田をゼロからつくる。挑戦を続ける。限界をつくらずに常に前進していく】

この言葉からは本田さんの常に新しく進化し続けることへの貪欲さが伝わってきます。これだけ注目される選手になっても、本田さんにとってはまだまだ発展途上なのでしょう。

注目したいのは、新しい自分をゼロから作るという点。今までの実績を作り上げてきた自分を壊して、ゼロから新しい自分を作るという決断は非常に勇気がいることです。逆にパフォーマンスが落ちてしまうリスクも当然あります。

しかし、自分の成長過程においてこういった挑戦は欠かせないものだと本田さんは考えています。サラリーマンの方でも今の自分の現状に満足し、甘えている方はいませんか?現状に甘えて挑戦することから逃げて入れば、いずれ今の立場も危うくなるでしょう。自分の成長のために、思い切って今の自分を捨てることも大切です。

【成功だけにとらわれず成長を意識する】

プロスポーツの世界で何より求められるのは結果です。これはビジネスの世界でも同様でしょう。

しかし、時にはそういった成功や結果よりも自分の成長に意識を向ける必要があると本田さんは考えています。

例えば、特にプロスポーツの世界で結果を出し続けるというのは非常に難しいです。調子の良い時期もあれば悪い時期もあるというのが一般的でしょう。大切なのは結果が出ない時期に、どれだけ自分にとってプラスになる要素を見い出せるかです。

本田さんの言う成功だけにとらわれず成長を意識すると言うのはまさにこのことでしょう。結果が出ない時期も、自分の成長に必要な要素を見つけることが大切だということです。そのように成長し続けることで結果的に大きな成功を呼び込むことにつながるでしょう。

【神様からのビッグサプライズを期待して頑張るだけですよ】

少し宗教的な話になりますが、本田さんの話の中には「神様」という言葉が出てきます。

本田さんは、今の地位や名誉は神様からのサプライズプレゼントのようなものだと言います。いつか神様からきっとビッグサプライズが与えられると信じることで、毎日必死に努力して練習し続けることができるのです。

こういった発想も自分の仕事へのモチベーションを維持し続けるためには効果的と言えるでしょう。神様からビッグサプライズを頂けるのが明日かもしれないし、明後日かもしれない、そう思うことで毎日ワクワクしながら仕事に取り組むことができるでしょう。

【未来が誰にも分からない中で、どれだけ自分を信じてやれるか】

最後にご紹介する名言は、自分を信じることの大切さを教えてくれるものです。

当然ながら未来は誰にも分かりません。今、自分が取り組んでいることで成功するかどうか不安になる方も多いでしょう。そんな中でどれだけ自分を信じて前進することができるかが大切だと本田さんは考えています。

シンプルな言葉ですが、自分を信じるということは要は自分で物事を判断し、決断できるかという点に大きく関わってきます。

これだけ情報が溢れた時代の中で自分に必要な情報を見極められず、決断できず周りに流されていてはそれこそ危険だと言えます。しっかりと自分の目で今の世の中を見て、進むべき道を決断することが大切です。

【まとめ】本田圭佑さんの考え方はサラリーマンにも応用できる!

本田圭佑さんから学ぶ仕事術と名言についてご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?本田さんのポジティブで成長に貪欲な考え方に触発された方も少なくないでしょう。

今や日本だけでなく世界中から注目される選手になった本田さんの考え方は、一般的なサラリーマンの方にも十分応用することが可能です。今すぐにでも取り入れられる仕事術も多く取り上げてきましたので、仕事に行き詰まったり、結果がなかなか出せないという方は是非参考にしてみてください。

あなたのビジネスライフがより充実したものになるよう、この記事がお役に立てたのであれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-プロが教える仕事術

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.