転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職コラム

憧れの保育士の仕事を退職した理由と、転職後に気づいた仲間の大切さ

更新日:

念願の保育士になったものの、職場の人間関係の悪さに退職

短期大学部を卒業して、保育士として保育園で働いていました。

赤ちゃんや小さい子が大好きだったので、将来は保育士になるんだと決めて勉強をして資格を取ることが出来ました。

念願の保育士になれたということと、小さい子と関わることができるということで、とても嬉しかったです。

最初はとても楽しかったですし、この保育園で働くことが出来て良かったなぁって思ってましたが、たった1回のミスが命取りとなり、その気持ちは一瞬で崩されました。

働きだして3ヶ月過ぎた頃、他の先生に保育を見せるというのがあり、前もってこういうのをしますという案は見せて、こういう流れでやりますと伝えてました。

ですが、私は緊張して考えてたことが吹っ飛んでしまい失敗しました。

頑張って思い出しながら最後までやりましたし、園児たちは楽しかったと言ってくれたのが唯一の救いでした。

多分やさしい先輩なら遠回しに教えてくれると思うのです。

私の友達にも言うと「私はそんなとき助けてくれたよ」って言ってて、とても羨ましかったです。

だけど、その園は苛めで有名だったみたいで教えてもらえませんでした。

保育で失敗って保育士にとっては致命的ですが、就職したての新人なのでベテランの先生のようになんて無理な話です。

中には新人でも完璧にしてる人もいると思いますが、私は違います。

私が働いてたその保育園の先生たちは、新人だろうが出来て当たり前、失敗するなんてあり得ない、なぜ失敗する人が保育士になったんだという考えなので苛めの対象になりました。

それからというもの、何をするにもどうせ無理でしょという目で見られるようにり、こういうのをしますというと「はいはい」と呆れた顔で言われます。

また、掃除の時間に掃除してても、「あの人なんかわかりませんけど、あんなことしてましたよ」とか、色を塗る場所を間違えたら「あのこ塗るのもちゃんと出来ないみたいですよ」と私にわかるように笑いながら陰口を言われます。

あげくのはてに、雑用ばかりさせられ子供たちとふれ合うことすら許されない存在になっていました。

そういうのが数ヶ月続いた結果、私は体を壊して寝込んでしまいました。

このままいくと、寝込むだけではなくそれ以上なことがおこりそうですし、同期で入社した子も早くに辞めてしまい、その園に私の居場所がなくなってしまったので、ほんとに精神面でキツかったので私は辞めることにしました。

前職の疲れを癒やしながらゆっくりと転職活動をした

保育園での出来事があまりにもきつく、何もしたくないと思っていたので、2~3ヶ月の間は家でゆっくりしてたのと、甥っ子の世話をしてました。

スポンサードリンク

その間私はずっと実家で両親にお世話になってました。

3ヶ月過ぎた頃からそろそろ働かないといけないなぁと思い始めましたので、ハローワークに行ったり仕事情報誌を見て探したりしました。

私の母もそろそろ働いてくれないかなぁと思っていたみたいで、お店によく貼られている求人募集を見て、私に教えてくれたりしました。

転職の時にしたことと言ったらそれぐらいです。

オープニングスタッフだった衣料雑貨店で継続して勤務できることに

私が転職した先は、衣料雑貨のお店のスタッフです。

母が見つけてきてくれた求人です。

最初の契約はオープニングスタッフとしてのみ採用だったのですが、準備の途中にプレオープンというのを開催した際に、私が店頭で大きな声で呼び込みをしてるのをたまたま社長が見ていて自分でいうのもですが好評だったみたいで、ハーフタイム勤務に昇格させて頂きました。

陳列するのも、お金を扱って仕事をすることは初めてだったので、オープンしてからはあたふたしながらでしたが楽しく仕事が出来ました。

自分が陳列した商品を買ってくださる方を見るととても嬉しくなりましたし、これからも頑張ろうという気持ちになりました。

ですが、この職場にも相性の合わない人もいました。

商売ですので、なかなか売れなかったり、お客さんが少なかったりするので、正直暇な日もあります。

そういう日に限ってその人は機嫌が悪かったり、午前中は機嫌がよくても午後からは機嫌が悪くなり無視をされたりと、どうやって接したらいいのかわからない人でした。

でも、保育園と違ったところは、私の味方がほとんどでしたので、私の居場所がありました。

なので、いくら嫌なことがあっても、みんなが助けてくれたり、みんなと愚痴を言えたりできたので、仕事は楽しく出来ました。

なので、保育士からかけ離れた仕事に就いて良かったと思います。

好きだからというだけで仕事はできない!転職して仲間の大切さを知った

子供が好きだから保育士に、お医者さんに憧れてドクターや看護師になるといった好きだからなるという気持ちは大事ですが、ただ好きだからという気持ちだけではいけません。

そこに精神面や体力面、自分はこんなもんじゃないという気持ちが必要です。

私は緊張してしまうとダメなタイプで、もうダメだと思ってしまったため続けることができませんでした。

仕事というのは、根性と我慢が必要ですが、そのなかで重要なのは仲間です。

仕事をするにあたって、自分の居場所があるかないかで大きく違ってきますので、上手く仲間を作ることが大事です。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職コラム

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.