転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職コラム

保育所の臨時職員と正規職員の扱いの差に不満を感じて転職を決意

更新日:

いい職場で保育士として働いていたけど、転職を考えるようになった理由

私は現在保育士をしています。

以前も保育士をしていて、5年間働いた園を辞め、今年度より新しい園で働いています。

5年前、中々就職先が見つからずにいた時に出会ったのがA園でした。

初めての職場でしたが、いい先生たちばかりでとても楽しく仕事をすることができました。

公立だったため異動もあり1年ごとにメンバーが変わるのですが、幸いなことに毎年いいメンバーに恵まれ、いい環境の中で働くことができました。

3年目の最後に私自身がB園へと異動になりました。

全く知らない所へ行くのでとてもふあんだったのですが、やはりそこもいい職場でした。

臨時職員と正規職員の待遇の差に不満を感じるようになった

私が働いていた場所は自宅から2つ向こうの市で、通勤には40分ほどかかっていました。

もちろん遠いことを承知で就職をしました。

ですが、B園で仕事をするようになり少しずつ不満が出始め、通勤距離が遠く感じるようになってしまいました。

臨時職員として働いています。

臨時職員と言っても正規職員と仕事内容は全く変わりません。

責任の有無があるから大きな仕事は任せられないことはわかっています。

ですが、行事ではどの職員も同じように役割があり、同じように働いています。

そんな中で正規だから、臨時だからと区別をされることに少しずつ嫌気が差し、別に自分がやることではないのではないか、自分はいなくてもいいのではないかと思うようになりました。

もう1つのきっかけとして、A園2年目の時に臨時職員で入ってきた同級生の先生が正規職員になり、異動をし、B園でまた一緒に働くことになりました。

同級生ということもあってかライバルのような感じがあったのだと思います。

でも相手は正規職員です。まだ若い正規だから、との理由でなにかにつけ行事や新しいことを覚える時にはその先生が呼ばれていました。

私の方がB園で1年多く働いてるから知っていることも多いのに。

と不満ばかりが募って行きました。

そんな思いを持ち始めてからは、毎日通って5年目になる通勤路がとても長く感じるようになり、近場で働きたいなと思うようになり始めました。

そしてタイミングよく地元の公立保育園の臨時職員の募集があり、誘って頂き、転職をしました。

地元の公立保育園へ就職決定したものの、本当に辞めるべきか迷った

1度異動を経験しているので、あの時と同じような感じなのだろうと安易に考えていました。

もちろん人間関係に関しては不安がとても大きかったです。

スポンサードリンク

誘いを受けて承諾はしたものの、いざ辞めるとなると本当に辞めていいのだろうかと相当悩みました。

2年間持ち上がりで担任をしていて、このまま残っていたらきっとまた持ち上がるだろうという状況でした。

2年間も一緒にいると離れることがとても辛いものだと感じはじめました。

いざ辞めることを園長に伝えると引き止められました。

人手不足ということと、9月頃に辞めませんという話をしていたので、驚いたようでした。

考え直してと言われ期限を与えられたのですが、私の考えはもう変わりませんでした。

それからは新しい市の募集を見て、必要な書類を用意して提出をしました。

面接もしましたが、面接時に公立保育園で働いているということもありとても簡単な内容でした。

結果が来たのは2月の初旬で、4月から働く園がわかったのは3月の中旬頃だったので4月から働くにはとてもギリギリのスケジュールでした。

公立だから仕方のないことかと思います。

臨時職員が多く、待遇の違いがない公立保育園で満足して働いている

最終日は本当に淋しかったです。

クラスの子どもたちからサプライズでプレゼントをもらい、離れることを決めたことを後悔し、再度悩みました。

ですが今、転職をして1年が経とうとしています。

やはり異動経験というのは心強いもので、大きな気持ちでいられることができました。

職種は同じでも場所が違えばやることも違うので覚えることは山ほどあり大変でした。

しかしC園のメンバーもとてもよく、4月から働いているとは思えないくらいの関係で楽しく仕事をしています。

転職と言っても公立保育園を選んだので自分が希望する園に行けることはまずありません。

どこも同じだとは思いますが、実際の様子というのは働いてみなければわかりません。

希望ができないので行きたい園も特に考えたりもしませんでした。

異動があるので、例え嫌だとしても1年経てばメンバーが変わり、よくなるかもしれないという希望を持つことができます。

現在も以前と変わらず臨時職員という立場なのですが、職員の半数以上が臨時職員で成り立っている職場です。

そのせいか正規職員と臨時職員での差のようなものがなく、全員が同じラインで働くことができています。

ただ、今でも時々前の園の子どもたちのことを考えることがあります。

もちろん今は今で子どもたちがいるので、もう今はこの子たちと離れたくないという気持ちになっています。

転職をしなかったとしてもいつかは異動があり、離れなければならなくなる時がくるので、正解も不正解もないのかな、と思っています。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職コラム

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.