転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの転職体験談

パートから派遣社員の事務へ転職!経験を積むための派遣社員という選択

更新日:

結婚、出産後事務職への転職を希望

今のご時世正規雇用は中々難しく。

夫婦共働きも多く。

主婦や、子供のいる方が育児に落ち着き、いざ仕事を探そうと思っても中々仕事が簡単に見つかりません。子供を預けれる保育所や託児所を探したり、子供にはたくさんお金がかかるので、働かないと生活は大変です。

私は結婚前に、スーパーのパートで働きながら、結婚、出産後に事務職に就きたいと思い、事務職や、歯科助手、医療事務などパソコンの勉強をしたり、通信講座や通学生のスクールに通ったりして、資格を取得し、就職活動をしていました。

なぜ事務職に転職しようと思ったか

私がなぜ事務職に転職しようと思っていたかというと、福利厚生の面、年齢を重ねても働ける環境。

土日祝日、GW、お盆、お正月がお休みを頂けるという所、残業が少なく定時で上がれ、身体への負担が少ない所です。

そして子供を出産し、子供に塾や習い事をさせるとき、土日休みだと動きやすいといった事もあるので、事務職を目指していました。

事務職の求人倍率の壁は高い

事務職は非常に人気な職種で、ハローワークなどの倍率は非常に高かったです。

1人の枠に30人受けにくるといった形でした。

今パソコンは誰でも使えて当たり前の時代、採用する側も、子供のいる人よりも、独身の方や、若い子を採用する事が多く何と言っても、経験者優遇というのが、私の中ではネックになっていました。

今まで小売業での接客しか経験のない私にとって、事務職は経験したくても中々つけない、厳しい職業でした。

派遣会社で働くという選択肢

ハローワークなどでは、長期雇用の正規社員を募集している事が多いのですが、派遣会社の仕事だと短期の繁忙期のお仕事を募集している事が多く急募という求人をよく見かけていました。

事務未経験者OKという案件も多く、お給料も、パートで働いていた時より、高かったです。

派遣会社で事務として働くメリット

派遣会社に登録する際、今までの職歴、資格、なども登録し、登録時にパソコンスキルもテストします。

登録した情報を派遣会社が資料にしてくれ、面接に行く際に相手先に自分のデータを提出してくれますので、面接の際に自分で用意する履歴書は不要です。

派遣社員から直接雇用のある求人は、自分で履歴書や職務経歴書が必要な場合もあります。

面接の際は、一人で行くのではなく、担当者と一緒に面接にいくので心強いです。

私の登録している派遣会社は福利厚生のしっかりとした会社なので、有給制度や産休や産後育児休暇もあり、労災もあります。

万が一、就業中に急な病気で入院になった場合は、その間、条件はありますが、給料サポートなどの待遇もあります。

仕事の事で悩んだ時も担当者に相談すれば、雇用してくれた会社に伝えてくれるので、仕事の悩みもため込まず、安心して仕事が出来ました。

スポンサードリンク

派遣社員の場合ボーナスや昇給などはありませんが、パートで働いていた時よりずっと待遇は良かったです。

短期契約で念願の事務職へ転職成功!

あんなに仕事見つける事が大変だった事務職に就くと事ができました。

数か月の短期間の契約だったのですが、繁忙期に向けての雇用だったので、即採用されました。

繁忙期にスムーズに仕事を行えるようにする為に、少し余裕を持てて入社し、基礎を教えていただく事ができ、繁忙期には、スムーズに仕事がこなせ、忙しい時期を経験出来るのは貴重な体験なので、パソコンスキルも上がりました。

派遣には短期間の仕事があるので、経験、実績を積むには最適でした。

派遣会社でもパソコンスキルを上げる為に、自宅にネット環境が整っていれば自宅でパソコンの勉強が出来るサービスがあるので、パソコンスクールに通う事なく、スキルを上げる事が出来、ビジネスマナー、英語、電話対応など、色々な知識を学べ、提携している、資格のスクールの割引サービスもあるので、おすすめです。

派遣会社も仕事によって違うので自分の条件と照らし合わせて決めよう

派遣社員には、短期間だけの仕事のほかに、直接雇用のある案件や、派遣として長期雇用のある案件もあります。

今は派遣法により、同じ職場には最長3年間までしかいられませんが、直接雇用してくれる案件もありますので、私は、派遣会社に登録して良かったと思っております。

1年間通して短期の仕事などは、大体同じ時期にお話しがくるので、短期の仕事が期間満了になるときに、来年もよろしくなどと、雇用してくれた会社の方に言われる事もありました。

色々な職業を経験することができたことによって、環境の変化に対応することができ、交流関係も広がったので、コミュニケーション能力を上げる事もでき、期間が定められている職業を数多くこなす事ができるので、職歴を傷つける事なく経験増やしていけたのは、ありがたかったです。

旦那の転勤などで、退職することになっても大手の派遣会社なら全国各地に営業所のあるので、転勤先の知らない環境で仕事を探す事になっても、データの引き継ぎや、仕事を紹介してくれるので、安心出来ます。

転職を不安に感じたら、選択の幅を広げるのも良いかも

今の仕事に不安を抱き、転職しようか迷っているけど、次の仕事があるか不安に思っていましたら、正規の仕事を見つけるまでのつなぎとして、色んな仕事を経験し、自分の天職を見つける為に、など自分の将来の為に派遣に登録するのも良いと思います。

働き方には様々な方法があり、お金の稼ぎ方も人それぞれです。

自分に合った働き方でいかに将来を豊かにするか、いくつ歳を重ねても時代の変化についていけるように、日々精進していこうと思います。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの転職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.