転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの転職体験談

やりがいを求めて一念発起!介護職から宅建の資格を取得して不動産営業に転職

更新日:

誰がやっても同じ仕事はつまらない!介護職からの転職

学校を卒業して初めて就いた仕事は介護職でした。

老人ホームで利用者のお世話をするのが主な仕事内容でした。

職場の人間関係もとても良く、排泄介助や入浴介助なども多く、夜勤もあったので体力的にとてもハードな仕事ではありましたがお年寄りとの会話も楽しかったりとそれなりに楽しく働いていました。

でも、仕事に慣れてから段々と自分がやっても誰がやってもほとんど同じで変わらない仕事内容ってつまらないと感じるようになっていきました。

仕事をしていても明確な成果もなく、介護職だったので人の役に立っているという実感はありましたが、自分にしかできない仕事がしたい!

成果が目に見える仕事をしたい!

という思いが強くなっていき、転職を考えるようになりました。

成果が見える仕事に転職したい!不動産営業を目指すことに決めた

そうして転職を考えるようになったのですが、漠然としていて何のプランもありませんでした。

まず、どんな分野に転職したいかを考えましたが、成果が目に見える仕事をしたいと思っていたので、営業職がいいかなと思いました。

でも営業職は色々な分野がありますし、どの営業がいいか考えた時に思いついたのが不動産営業でした。

不動産なら専門職としてやりがいも感じながら営業成績という目に見える成果を出せてまさに自分が求めている仕事だと思いました。

そして次に考えたのが資格取得でした。

未経験の業界でしたし、営業職も初めての試みだったので資格を取得して専門知識を増やそうと思いました。

不動産業といえば宅地建物主任者の資格です。

不動産の契約を結ぶにはこの資格が必須でした。

自分のやりたい仕事につけるようにと思い、仕事の合間や休日に猛勉強を開始しました。

というのも、宅地建物主任者の資格試験は年に一度しかなく、私が取ろうと考えた時はちょうど受け付けが始まった時期だったので、これを逃したら一年待たなければいけなかったのです。

絶対に一発で受かって転職しようと誓い、猛勉強を開始しました。

そして無事一回で試験をパスしました。

無事宅地建物主任者の資格に合格し転職活動を開始!

猛勉強のおかげか山が当たったからなのか、無事資格を取得できました。

そして転職活動を開始しました。

不動産業は転職する人も多いようで、求人募集は比較的多かったです。

未経験でしたが資格保有していることで面接での手ごたえは良かったです。

何社か受けましたがどこからもオファーがあり、とてもありがたかったです。

スポンサードリンク

結果、心配していた初めての転職でしたがすぐに仕事が見つかりました。

資格取得してから転職活動したのは正解でした。

頑張りが結果として明確な数字として表れる営業の仕事に満足

無事転職して、それまでと全く違う業界で違う職種の仕事になりました。

最初は慣れないことも多く、ストレスも沢山感じましたが、転職をしようと思った大きな理由の一つだった目に見え見える成果を出せる仕事に就けたのは正解でした。

営業成績は頑張って働いたものが、数字で明確に表れます。

特に転職先の給料は歩合によるところが大きかったので、やればやっただけ、結果を出せば出しただけお給料に表れるのが嬉しかったですし、モチベーションが上がりました。

歩合制は向き不向きがあるでしょうが、自分にはとても合っていました。

誰がやっても同じ仕事はしたくない!

と思って転職をしましたが、不動産営業はまさに誰がやっても同じではない仕事でした。

契約を取った時の喜びは何にも代えられないような充実感を感じます。

時にお客様に怒鳴られたりストレスをぶつけられることもありますが、衣食住という全ての人必ず必要なものの一つなので、誰かの役に立っている幸せも感じました。

そういったやりがいを感じながら、売り上げを上げることで会社に貢献できていると感じることもでき、まさに自分がやりたかった仕事だと感じました。

初めに転職を考えた時は漠然としていて、どんな職業に転職しようか迷っていましたが、職種を決め、それに向けて資格取得をしてと、下準備をしっかりしてから転職活動をしたので、転職活動自体もスムーズにいきましたし、希望の仕事に就いてからも、こんなはずじゃなかったと感じることも全くありませんでした。

転職を考える時は、ただ今の仕事が嫌だからどこでもいいから転職したい!となってしまういこともあると思いますが、どうせ転職するならお給料が上がる、やりたい職種、など今の仕事より向上できる仕事を探すのが理想的だと思います。

スキルアップのための転職は全くマイナスではないですし、終身雇用にこだわる必要はないと思います。

自分がどんな仕事をしたいか、どんな自分に成りたいかをじっくり考え、未来の自分を明確にイメージすることで、自分に何が必要か、何をしたらいいかが見えてきます。

自分は転職してからより仕事が楽しくなりましたし、転職して良かったと思います。

次もし転職をすることがあっても、今回のように具体的に何がしたいかじっくり考え、後悔ない転職をしたいと思います。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの転職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.