転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

営業に向いてない人の特徴とプロが教える営業以外のおすすめ仕事6選

更新日:

1.営業に向いてない人の特徴とおすすめの仕事をまとめてご紹介!

営業職として働きながらも、『自分は営業職には向いてないのでは?』と頭を悩ませている方もいるでしょう。

今回は、そんな営業職に向いてない人の特徴と、営業職からの転職におすすめの仕事をご紹介していきます。

先にポイントをまとめると以下の通りです。

《営業に向いてない人の特徴》
・人とのコミュニケーションが苦手
・単純作業が好き
・すぐ顔に出る
・行動力がない
・失敗するとひどく落ち込んでしまう
・セルフマネジメントができない
・何としても目標を達成するという熱意がない
・清潔感がない
・お人好し過ぎる
・人や環境のせいにしがち
・相手が何を求めているのか考えない
・ストレスを溜め込みがち
・自信がない
・約束を守れない
・自己中な性格
・プライドが高すぎる
・理不尽さを受け入れられない
・空気が読めない
・主体的に動けない
・計画性がない
・社内に味方が少ない

《営業職からの転職におすすめの仕事》
・事務職
・経理職
・総務職
・人事職
・企画職
・マーケティング職

『自分は営業職に向いてないのかどうか知りたい』『営業職から転職したいけど、どんな仕事が合うのか分からない』

このような悩みを抱えている方は、是非最後までご覧ください。

 

2.営業を辞めたくなる理由とは?

何かと厳しいイメージのある営業職ですが、どのようなことが原因で辞めたくなるのでしょうか?

初めにこちらで説明しておきます。

 

【1.ノルマが厳しい】

営業職が厳しい理由として真っ先に挙げられるのは、やはり過酷なノルマの存在でしょう。

どんな仕事にもノルマはありますが、営業職は特に厳しいノルマの代表例とも言えます。

営業としての仕事は好きでも、過酷なノルマのプレッシャーに耐えられず辞めてしまう人も少なくありません。

 

【2.人間関係に疲れる】

どんな仕事も人との関わり合いの上に成り立っていますが、営業職は特に様々な方と付き合いが求められます。

担当する顧客の数だけでも相当なものでしょう。

そのため、人間関係に疲れてしまい、そのまま仕事を辞めてしまう人もいるのです。

 

【3.長時間労働になりがち】

比較的長時間労働になりがちなのも営業職の特徴と言えるでしょう。

しっかりと結果を残せている人はササっと仕事を終えて帰ることができますが、そうでない人は結果を出すために残業しがちです。

また、顧客の時間に合わせなければいけないシーンも多く、顧客とのアポが夜遅くになっても、その時間に出向かなければなりません。

このような長時間労働で身も心もすり減ってしまい、辞めてしまう人も多いです。

 

3.営業に向いてない人の特徴や性格

それでは次に、営業に向いてない人の特徴や性格を詳しくご紹介していきます。

 

【1.人とのコミュニケーションが苦手】

営業職の最も求められるスキルと言えば、やはりコミュニケーション能力でしょう。

営業は顧客とコミュニケーションを交わしながら、商品やサービスを売っていく仕事です。

そのため、人とのコミュニケーションが苦手な方にはかなり厳しい仕事だといえます。

 

【2.単純作業が好き】

働く上で同じような単純作業を繰り返すことが好きな人がいます。

しかし、営業職の仕事は決して単純作業とは言えません。

顧客の要望を聞きながら、柔軟に提案を変えていかなければなりません。

そのため、黙々と単純作業をすることが好きだという方には、営業職は難しいといえるでしょう。

 

【3.すぐ顔に出る】

営業職として働いていると、理不尽な対応を受けることも少なくありません。

そんな時に、すぐに嫌な気持ちを顔に出してしまう人は、営業職として働くことは難しいでしょう。

顧客を前にしてそのような表情を見せてしまうと、なかなか仕事もスムーズに進まなくなります。

理不尽な状況に立たされても、スマートに対応できる力が営業職に欠かせないのです。

 

【4.行動力がない】

営業の仕事はとにかく行動あるのみです。

机の前にじっと座っているだけでは、契約は取れないでしょう。

そのため、腰が重く行動力がない人は、営業職には向かないと言えます。

 

【5.失敗するとひどく落ち込んでしまう】

全ての仕事に当てはまることですが、営業マンとして成果を残すためには挑戦し続けることが大切です。

しかし、挑戦に失敗はつきもの。

そのため、一度の失敗でひどく落ち込んでしまい、なかなか立ち直れなくなると、次の仕事で成功するチャンスを失ってしまうのです。

成果を出している営業マンは挑戦と失敗を繰り返しながら働いています。

一度の失敗で落ち込みすぎてしまう人は、営業マンとして成果を残すことは難しいでしょう。

 

【6.セルフマネジメントができない】

営業の仕事は、言われたことをただこなせば良いというものではありません。

自分の売上目標を持ち、それを達成するために何が必要なのか考え、行動しなければなりません。

そのため、セルフマネジメント力も営業マンには欠かせないスキルと言えるでしょう。

自己管理ができない人は、営業職には向いていません。

 

【7.何としても目標を達成するという熱意がない】

営業マンとして働く場合、日々抱えている数字目標と向き合い続けなければいけません。

つまり、目標に対して現状はどうなのか、遅れ気味ならばこれからどのような行動が求められるのか、考え続ける必要があるのです。

この根底には、『絶対に目標を達成する!』という強い熱意が欠かせません。

この熱意がない方は、活躍できる営業マンにはなれないでしょう。

 

【8.清潔感がない】

対人業務がメインになる営業職には、清潔感のある身なりも求められます。

髪がボサボサで無精髭を生やし、スーツもヨレヨレの営業マンからは商品を買う気にもなれないでしょう。

最低限の身なりにも気を使えない人は、営業マンとして信用されないのです。

 

【9.お人好し過ぎる】

営業職は、顧客に商品やサービスを買ってもらうことが仕事ですが、だからと言って顧客の言いなりになってはいけません。

つまり、主張すべき意見はしっかりと主張することが求められるのです。

そのため、お人好し過ぎて自分の意見を伝えられず、顧客の言いなりになってしまう人は会社の利益に貢献しにくい傾向があり、営業マンとして成果を残せないでしょう。

 

【10.人や環境のせいにしがち】

失敗をついつい人や環境のせいにしてしまう人も、営業職には向かないでしょう。

失敗を周りのせいにしてしまうことは簡単ですが、それでは自分の成長につながりません。

前述したように、営業職は自分で考えるスキルが求められます。

うまくいかない原因を人や環境のせいにし、自分で考えることを放棄する人は、営業職には向かないでしょう。

 

【11.相手が何を求めているのか考えない】

営業は、商品やサービスを顧客に売る仕事ですが、単に商品やサービスの良さをアピールしただけでは売れません。

まずは相手が何を求めているのか把握し、その要望を満たす商品やサービスを提案することが求められるのです。

つまり、相手が何を求めているのか考えられない人は、営業職として結果を出すことは難しいと考えられます。

 

【12.ストレスを溜め込みがち】

前述したように、営業職は厳しいノルマや幅広い人間関係により大きなストレスを抱えやすい仕事です。

仕事ができる営業マンは自分なりのストレス解消法を持っています。

上手にストレスを発散できず、ついつい溜め込んでしまう方が営業の仕事に就くと、最終的に身体や心を壊してしまうでしょう。

 

【13.自信がない】

自分や商材に対して自信を持てないという方も、営業職には向きません。

自信なさげに商品やサービスを勧められても、購入したいという気にはならないでしょう。

自信のなさを隠そうとしても、無意識のうちに話し方や表情などに表れてしまうものです。

もし、どうしても自信が持てないというのであれば、その原因は何なのかしっかり分析することが大切でしょう。

 

【14.約束を守れない】

約束を守れないというのは、営業職に限らず、ビジネスパーソンとしても失格でしょう。

例えば、時間を守らなかったり、期日を無視してしまったりする方は、周りから信頼されません。

信頼できない方からは当然、商品やサービスを買う気になれないでしょう。

ちょっとした約束であっても、軽く見てしまうと信用を失うことにつながってしまうのです。

 

【15.自己中な性格】

営業職として結果を出すためには、何より顧客のことを第一に考える必要があります。

例えば、本来休日であっても、顧客の都合がつかなければ、休日を返上して訪問しなければいけないケースも出てきます。

『その日は休みなので、別の日で調整してください』と顧客に言ってしまうようでは、なかなか契約には結びつかないでしょう。

そのため、相手のことを優先できない自己中な方は、営業職には向いてない言えるのです。

 

【16.プライドが高すぎる】

営業職としてプライドを持って働くことは大切です。

しかし、自分に対するプライドが高すぎる場合は、営業マンとしてうまくいかないケースが多くなります。

例えば、取引先から理不尽なクレームを受けることもあるでしょう。

このような場合に、素直に謝罪できるかどうかは非常に重要です。

自分のプライドを守るために、顧客に失礼な態度を取ってしまうようでは営業マンとして失格でしょう。

 

【17.理不尽さを受け入れられない】

営業職は顧客を第一に考えなければいけない仕事なので、当然ながら理不尽な要求を受けることも多いです。

そのような際に、いちいち反論していては仕事も進まないでしょう。

理不尽なことは分かった上で、グッと堪えながら可能な限り要求に応えることが大切なのです。

そのため、理不尽さを一切受け入れられない方は、営業職には向いてないと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

【18.空気が読めない】

営業マンとして成果を出すためには、顧客とコミュニケーションを交わしながら、信頼関係を築くことが欠かせません。

そのため、空気が読めずに相手に不愉快な思いをさせてしまう方は、営業職には向かないでしょう。

空気が読めない性格の最も悪い点は、自分自身で空気が読めていないことに気付けないことです。

自分の発言がきっかけで、周りが静まり返ってしまった経験がないか振り返ってみてください。

 

【19.主体的に動けない】

営業職として働くのであれば、受け身の姿勢では絶対に駄目です。

机の前に座っているだけで顧客とのアポは取れないので、自ら電話がけを行ったり、顧客先を訪問しなければいけません。

また、基本的に顧客が自ら悩みや要望を話してくれることは少なく、営業マンが主体的にニーズを引き出していく必要があります。

このように自分で考えて仕事ができない方は、営業職として活躍するのは難しいでしょう。

 

【20.計画性がない】

営業マンとして抱えているノルマをしっかり達成するためには、闇雲に働いてもいけません。

つまり、『いつまでに何をしなければいけないのか?』『いつまでにどのくらいの契約を取っておく必要があるのか?』といった、具体的な計画性が求められるのです。

このように逆算的に計画を立てられない方は、営業職として結果を出すことは難しいでしょう。

 

【21.社内に味方が少ない】

営業職と言えば、自分一人の力で商品やサービスを売る仕事だと思われがちですが、実は違います。

例えば、同じ営業職の方から有力な情報を共有してもらったり、売っている商材の開発メンバーからサポートを受けたりと、社内のバックアップがあってこそ、しっかり営業することができるのです。

そのため、自分一人の力だと過信したり、社内に味方がいない方は、営業の仕事には向きません。

顧客だけでなく、社内のメンバーとの信頼関係もとても重要なのです。

 

4.営業に向いてない人におすすめしたい仕事6選

営業に向いてない人の特徴についてご紹介しましたが、『自分は早めに他の職種に転職した方が良い』と感じた方もいるでしょう。

そこでこちらでは、営業に向いてない人におすすめしたい、営業職以外の仕事をご紹介します。

 

【1.事務職】

人とコミュニケーションを取ることが苦手なため、営業職から転職したいという方には事務職をおすすめします。

売上のノルマなどもないため、『ノルマに追われる仕事はもう嫌だ』という方にも向いています。

特に営業事務の仕事であれば、これまでの営業経験を活かすことができるので転職しやすいでしょう。

ただし、事務職は基本的にサポート役に徹する仕事になるため、給料もガクッと下がってしまうことは覚悟しておいてください。

 

【2.経理職】

経理職も事務職同様に、営業からの転職で人気の仕事です。

経理の仕事は事務職に比べてより専門的になるため、『いずれ幅広い企業で活躍できる人材になりたい』という思いがある方にはおすすめできます。

企業が存在する限り、経理の仕事も無くならないため、比較的安定した仕事とも言えるでしょう。

数字を扱う仕事が得意だという人に向いています。

 

【3.総務職】

サポート的な役回りで、誰かをバックアップすることが得意な方には、総務職もおすすめです。

総務の仕事は、社員がスムーズに仕事できるよう備品を揃えたり、会社のイベントを担当したり、ホームページの管理をしたりとかなり幅広くなっています。

そのため、一つの仕事を極めるよりも、幅広い業務に携わりたいという方にも向いてるでしょう。

 

【4.人事職】

人事職には、給料の計算や社会保険の手続き、採用業務などが含まれます。

特に採用業務は、営業と同じように人とコミュニケーションを取ることが求められるので、営業時代に培ったスキルを活かしやすい仕事でしょう。

営業から転職する場合、比較的優遇されやすいです。

営業の仕事は向いてなかったけど、人と関わるのは好きだという方にはぴったりの仕事だと言えます。

 

【5.企画職】

元営業マンとしての業界知識を活かせる仕事として企画職も挙げられるでしょう。

企画の仕事には、世の中にどのようなニーズがあるかを把握し、アイデアを形にしていく力が求められます。

そのため、営業職で培われた徹底した情報収集能力と業界知識を活かしやすいのです。

ただし、企画職は企業の中でも花形部署であることが多いため競争率も高いと考えられます。

 

【6.マーケティング職】

企画職とも関連していますが、世の中のニーズを調査するマーケティング職も候補に挙げられるでしょう。

新しく企画開発された商品をどのように売っていくか考えるのもマーケティング職の主な仕事になり、まさに営業職としての知識と経験を活かすことできます。

具体的な販売促進戦略を立てられる方は転職時にも優遇されやすく、転職後も活躍しやすい傾向があります。

 

5.営業職に向いていない人が上手に転職するコツ

営業職に向いてない人におすすめの仕事をご紹介しましたが、続いて、上手に転職するコツについて説明していきます。

 

【1.営業職を辞めた理由を明確にする】

まず初めにやらなければいけないのは、なぜ営業職を辞めたのかという理由を明確にすることです。

退職理由が分からないまま闇雲に転職活動しても、また同じ過ちを繰り返す可能性が高いです。

『人とのコミュニケーションが苦手だから』『過酷なノルマに耐えられなかったから』など、自分なりの理由を正直に見極め、同じような仕事を転職先候補から外すことで、満足のいく転職が実現できるでしょう。

 

【2.自分がどんな時に働く喜びを感じるのか明確にする】

これまでの仕事を振り返って、自分がどんな時に働く喜びを感じたのか明確にすることも有効です。

つまり、次の仕事では喜びを感じる瞬間を多く経験できる仕事を選ぶのです。

そうすることで、満足のいく転職につながりやすく、日々やりがいを持って働けるでしょう。

 

【3.転職エージェントを活用する】

営業職から他の仕事に転職する際に、是非使っていただきたいのが転職エージェントです。

転職エージェントを活用することで、あなたのスキルや経験、適性にぴったりの仕事を、担当のキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

あなた自身の分析と、転職のプロによる客観的なアドバイスを組み合わせることで、より確実に納得のいく転職を実現できるでしょう。

求人紹介以外に、応募書類や面接に関するサポートも受けられるため、自力で転職活動するよりも選考通過率が高まります。

転職エージェントは無料で利用できるため、積極的に活用してください。

 

6.営業職に向いてないけど何とか克服したい方へ

営業職に向いてないと自覚しつつも、『できればもう少し営業職として頑張りたい』『今すぐ転職は難しい』という方もいるでしょう。

そこでこちらでは、営業職に向いてないけど何とか克服したい方のために、実践して欲しい方法をご紹介します。

 

【1.なぜ営業の仕事で結果が出せないのか原因を考える】

真っ先に行いたいのは、なぜ自分が営業の仕事で成果を出せないのかという原因を考えることです。

原因を明確にしない限りは適切な対策が打てません。

『顧客とアポがなかなか取れない』『自信を持って商品を紹介できない』『顧客からいまいち信頼されない』など、原因はいくつか挙げられるでしょう。

全て原因を洗い出し、一つひとつ改善する対策を立て、実践してください。

 

【2.成果を出している営業マンのやり方を真似する】

成果を出せる営業マンとそうでない営業マンの間には明確な違いがあります。

そのため、成果を出している営業マンのやり方をとにかく真似してみるという方法もおすすめです。

親しい関係であれば直接どのように仕事しているのか聞いてみると良いですし、そうでないなら近くでよく観察してみましょう。

どんなに小さな違いでも良いので、徹底的に真似してください。

 

【3.顧客との約束は必ず守る】

意外とないがしろにされがちなのがこちらでしょう。

例えば、アポの時間をこちらの都合で変更してもらったり、資料を提出する期日を一日オーバーしてしまったりといった経験はありませんか?

ちょっとしたことかもしれませんが、積み重なることで顧客からの信頼を失ってしまうのです。

どんなに小さな約束でも必ず守ることを意識すれば、自然と信頼関係を築くことができ、成果にもつながりやすくなるでしょう。

 

【4.仕事の期日は余裕を持って設定する】

約束を厳守することと関連しますが、できるだけ仕事の期日には余裕を持たせる方が良いです。

カツカツの期日に設定すると、気付いたら期日を過ぎてしまった、なんてことになりかねません。

これまで築き上げてきた信頼関係も水の泡になってしまいます。

そのため、できるだけ余裕を持った期日に設定し、それよりも早めに提出することで顧客との信頼関係を築きましょう。

 

【5.嘘をつかない】

顧客に嘘をつくことはかなりのリスクを伴います。

例えば、その場をうまく切り抜けるために適当にごまかしたとしても、その嘘が後でバレてしまえば、今後あなたの話は聞いてもらえなくなるでしょう。

もし分からないことがあれば、『すぐに調べて本日中に回答いたします』と伝えれば良いのです。

むしろこちらの方が真摯な態度をアピールできるため、顧客にも好印象を与えるでしょう。

 

【まとめ】営業に向いてないとストレスを抱えているなら早めに転職!

人には向いてる仕事とそうでない仕事があります。

残念ながら営業に向いてないと感じる方は、早めに転職活動を開始し、自分に向いてる仕事を見つける方が良いでしょう。

最後に、今回ご紹介した営業に向いてない人の特徴と、そんな人におすすめしたい仕事についておさらいしておきます。

 

《営業に向いてない人の特徴》
・人とのコミュニケーションが苦手
・単純作業が好き
・すぐ顔に出る
・行動力がない
・失敗するとひどく落ち込んでしまう
・セルフマネジメントができない
・何としても目標を達成するという熱意がない
・清潔感がない
・お人好し過ぎる
・人や環境のせいにしがち
・相手が何を求めているのか考えない
・ストレスを溜め込みがち
・自信がない
・約束を守れない
・自己中な性格
・プライドが高すぎる
・理不尽さを受け入れられない
・空気が読めない
・主体的に動けない
・計画性がない
・社内に味方が少ない

《営業職からの転職におすすめの仕事》
・事務職
・経理職
・総務職
・人事職
・企画職
・マーケティング職

自分が営業に向いてないからといって悲観する必要はありません。

今回の記事を参考に、自分にぴったりの仕事を見つけていただければ幸いです。





2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.